派遣登録で借りられる会社教えてください。できれば安心なところ

今、派遣社員(登録型です)として働いています。今度、一念発起して資格の勉強をはじめようと思っています。宅建と行政書士の資格をとろうとひそかに(自分なりにはそれなりに闘志を燃やしながら)計画しています。

終業後、夜の時間に資格の予備校で勉強したいのですが、そのための資金が少し足りません。将来は独立開業する夢もあります。将来の投資と考えて、カードローンで用立てようと考えているのですが、派遣登録でも借りられるのでしょうか。教えてください。

ご心配はいりません。派遣登録の方も借り入れは可能です

実は私の職場にも派遣の方がいらっしゃいます。主にPC入力などのお仕事をされていらっしゃるのですが、そのスキルには驚かされます。いろいろ教えていただくことも多いです。そして、そんなふうに一緒にやってきた方の契約期間が終わってしまう時はどことなく寂しいところがあります。

銀行や信用金庫、信用組合のような金融機関でも消費者金融の会社でもカードローンを申込む(利用する)条件として、年齢と収入の条項があります。なかには、オリックス銀行のカードローンのように具体的な年収額(オリックス銀行の場合は前年度の年収が200万円以上)を示しているところもありますが、一般的には返済能力として安定した収入ということを条件としている場合が一般的です。

また、ほとんどの融資元はアルバイトやパートの方でも申し込むことはできるので、安定した収入を得るための雇用形態にはこだわってはいないということです。

また、カードローンに申し込むと審査の一環として在籍確認がなされます。勤務先に電話を入れて、その人が実際に在籍しているかどうか確認する作業ですが、派遣社員の方の場合は派遣元の企業で確認作業がなされます。これは、事務・技術系の派遣の方もコンパニオンや販売員などの派遣の方も同じです。事前に登録している会社の担当の方にお話しをしておけばスムーズにいくでしょう。

以前にもそのようなことはたくさんあったはずですから、派遣元の担当の方も心得ているでしょう。また、カードローンということにひっかかりがあるようでしたら、融資元は社名を名乗ることはありませんので、クレジットカードの申し込みをした、ということでも差し支えはありません。

昼間お仕事をされて、夜に勉強をされるとなると心身ともにたいへんかもしれませんが、夢の実現のために頑張ってください。応援いたします。そして、カードローンも頑張っている人を応援するアイテムなのです。

派遣登録のみで借りられる消費者金融会社はあるのかを徹底解析!

昔の日本は学歴関係無く容易に就職が出来ていたものですが、現代では日本有数の大学を卒業したとて就職に困る時代でして、判断などを間違うとあっという間に無職になってしまいます。運良く就職できたとしても倒産みたいな要因にて失業者になってしまう事すらあり、日本の景気が回復するのは遠い先の話でしょう。最悪の場合、他国のように経済崩壊する事すら懸念されています。

なので失業者になるという事は、誰にでもあり得るという事をまずはある程度理解しておきましょう。失業者になってもすぐに再就職できれば問題無いと思われますし、相応のスキルがあるならそれは困難ではありません。しかしスキルが無い場合はそれを身につけないといけませんし、そうなるとお金が必要です。でも失業中ならお金の用意は簡単では無いし、そもそも生活費すらままならないのが無職という立場です。そんな時は融資を使って解決したい…そう思うのも無理はありません。

しかし、失業者や無職に融資をしてくれるような会社というのは、宣伝などもしている有名な金融業者にはまず存在していません。何故なら、収入が無いと分かっている人に対して貸し付けても、返済してもらえずに債権回収が出来なくて、最終的には会社の存在になるからなのです。こんな事態は金融業者にとってもっとも憂慮すべき事です。だから本当にお金に困った立場であっても、収入が無いなら借りられないという負の連鎖が出来上がっていると言えます。

そんな時の解決策として、派遣社員の登録のみで融資を受けるという方法が注目されています。派遣社員として普通に仕事をしているならともかく、ここで注目すべきは派遣の登録のみ、という事です。派遣社員というのはあくまでも派遣元に雇われていると表現するべきであり、所属ももちろんそちらになります。となれば、仮に登録して仕事が無いという場合でも派遣社員という身分があるわけですので、融資を受ける為の肩書きはあるというわけですね。でも、そんな借り方がまかり通るのでしょうか?

もしもその申し込み先の消費者金融が、派遣元の記入でも大丈夫なら借りられる可能性はあります。派遣社員でも勤め先を記入して申し込むのですが、派遣社員の場合は派遣先か派遣元か悩むところです。でも、派遣元にしておけば登録しているだけで常に派遣社員であり、そして派遣元に在籍確認が来た場合でも確認さえ取れれば、消費者金融としては仕事をしていると判断するので希望はあるかもしれません。

しかし、この方法を悪用しようとする人が居るのも事実でして、消費者金融も神経質なところなら派遣元では無く派遣先を記入するように言われてしまいます。派遣先の場合はきちんと仕事が無いと借りられないので、アウトが確定してしまうでしょう。そうでなくとも派遣社員というのはいつ仕事が無くなるか分からない立場なので、普通に審査落ちしてしまう可能性というのもあるのです。

それに登録だけでは収入が無いというのも事実で、そのまま借りられたとしても返済できないと、遅延損害金でさらに返済が大変になります。また、ブラックリストとして今後しばらく融資も受けられないので、結局は首を絞める結末になりかねないという事実は忘れないようにしておきましょう。

ウェブ申し込みで借りれるなんて!

キャッシングって、今まで試したことはなかったんです。テレビコマーシャルや電車の広告でよく見かけてはいたので、なんとなく親近感がありました。

そんなカードローンですが、「自分でも使えるのかな?」という興味本位でホームページにアクセス。仮審査を受けてみると、通る可能性ありとのこと。早速そのまま申し込みに進みました。

求められる項目をたんたんと入力していき、審査結果を待ちました。するとすぐに融資可能との連絡がきて、驚きました。ウェブ審査から借りれるようになるなんて!とても簡単でスピーディーでした。きっかけはそんなものでしたが、困ったときに非常に心強いカードローン。いまでは大変重宝しています。

PC苦手でもキャッシング申し込めた

結婚してからも、趣味の芝居とライブは欠かせません。月に2、3回は観に行くので、自分のパート代だけでは足りないこともあります。でもこのために働いていると言って過言ではないですからね。我慢したくはないんです。

それで家計にひびきそうな時だけ、キャッシングで乗り切ろうと思って申し込んだんですよ。逆にそんなに行かない時や、チケットが安い時は余裕ですからね。そういう時に全部返してしまえば良いですから。

ただ、私はパソコンが苦手なので、ネットでの申し込みが心配だったのですが、私でも簡単に申し込めたのでホッとしました。しかも申し込んだ当日には振り込んでもらえたので、早速芝居のチケット予約しちゃいましたよ(笑)。

同窓会の為の人探しは融資で成功

小学校の同窓会を開く事になったのですが、何人かの同級生に連絡がつかなくて、ほとほと困っていました。幹事の自分も責任を感じて、他のメンバーには内緒で興信所を使う事を決めました。しかし、結構な金額がするので、キャッシングをする事に。

今は、かなりネットも発達して、Facebook等で連絡が取れた同級生も何人かいました。でも、そういう情報にひっかからない人間もいるんですよね。

興信所のおかげで、同窓会は全員揃って開く事が出来ました。その支払いの為に、キャッシングをしたのですが、ネットで申し込みが出来て、あっけなくお金を手に入れてかなりびっくりしたのを覚えています。